骨董品の鑑定士という仕事について知ってみよう

骨董の世界は奥深い!

買取には知識が必要な骨董品家の整理をしていると、骨董品が出てくることがあります。
骨董品の条件は、希少価値があることと、作られてから長い年月が経っていることです。

骨董品の中では、有名で数が少ないものほど、希少価値が高くなります。
代表的な骨董品は、陶磁器と絵画です。絵画では、西洋絵画、日本絵画の人気が高く、陶磁器では、伊万里焼などの日本磁器、中国磁器、マイセンのような西洋磁器の人気が高いです。

ただ、絵画や陶磁器は、人気が高いだけに、偽物も多いので注意が必要です。
正確な価値を知るためには、信頼できる美術鑑定士に鑑定してもらうのが一番良い方法です。最近は、奥が深い骨董品の世界に魅了される若い人が増えています。

骨董品を知ることは、その国の文化に触れることでもあります。日本の骨董品についての知識を深めることは、日本の文化について深く知ることにもなります。

家の整理で発見した骨董品をオークションで売る人もいますが、骨董品の価値がわからない場合は、骨董品買取店に持って行って相談するケースが多いです。
骨董品買取店には、美術鑑定士がいるので、骨董品の価値を正確に知ることができます。