骨董品の鑑定士という仕事について知ってみよう

必要な資格

買取には知識が必要な骨董品骨董品の鑑定をするには、少なくない知識が必要です。

どんなものでもその場で鑑定できるだけのスキルがなければ務まりません。
では、骨董品買取の鑑定士になるにはどのような資格が要るのでしょうか。

答えを書いてしまうと「美術鑑定士」が必要です。

これは骨董品を査定し、その価値を明らかにするお仕事です。
美術品を見る経験を時間をかけて積んでいき、妥当な鑑定価格を導けるように修行していきます。

専門学校などはなく、すでに美術鑑定士として働いている方に師事することになります。
プロのもとで勉強し、鑑識眼を研ぎ澄ませていくことが求められます。依頼人から信用してもらえるようになるには、とにかく鑑識眼を磨き続けなければなりません。

査定経験を積むことで、その力量を上げていくことで、徐々に信用も上がることでしょう。
骨董品買取を依頼する側からすれば、経験豊富な人がいるお店に持って行きたいと思うはずです。

信頼を勝ち取ることが、仕事の量と相関関係を持つことは明らかです。