のれんの製作にあたり知っておきたいこと

のれんの印刷業者の探し方

京都での製作がお勧め暖簾(のれん)の製作を依頼したいが、いったいどこの業者に依頼したらいいか分からずにお困りの方はいませんか。
全国には無数の印刷業者があり、その中から自分にぴったりのところを探すには軸となる基準を持つことが必要です。

その軸とは、ズバリ「料金の安さ」と「製作のスピード感」の2つに尽きるといえます。
もちろん、仕上がりの良さやスタッフ対応なども業者選びには考慮すべき要素でしょう。

考慮するポイント

しかし、これらはプロならば当然備えておかなければならないものです。

逆に、仕上がりに満足がいかなかったり、スタッフの対応が不親切だったりする業者は、考慮にすら値しません。
これらの要素を満たした業者の中で、差を付けるのなら料金とスピードに目を向けるべきなのではないでしょうか。

飲食店にたとえるなら、美味しくてサービスが良いのは当たり前で、安くて早く料理が出てくればなお良しといったところです。
そして、これは暖簾の製作業者を選ぶ際ににも十分あてはまることだといえます。

のれん印刷業者を選ぶなら京都のれん


暖簾(のれん)の印刷業者を安さとスピードで選ぶなら、「京都のれん株式会社」が断然おすすめです。
無地で定番色の暖簾なら、製作開始から最短で7日という早さで納品することができます。

ここでいう納期とは、製作開始から起算してということであり、受注した日から数えてということではない点には留意しておきたいものです。

シルクスクリーンや染め抜きといったその他の手法でも10日~21日程度と、その仕事ぶりの早さには目を見張るものがあります。
もちろん、気になるお値段の方も他の業者では実現できないような低価格が非常に魅力的です。

低価格

たとえば、定番とされる横150cm×縦90cmの本染め特急のれんのケースを見てみましょう。
この場合、素材は綿帆布で49,000円(税抜き)、定番麻を使用したとしてもプラス15,000円で他社を圧倒する内容です。

また、豊富なデザインや大きさ、素材などへのこだわりにも丁寧に応じてもらえるキメ細やかさも京都のれんは兼ね備えています。